KIORI

伝統を今に活かす。

top障子や襖などの日本の伝統的な木工建具は、時代の流れやライフスタイルの変化から取り残され、それに伴う和室の減少とともにその需要は激減しました。
しかしながら木が持つ、人の心を暖かくし、快適なものにするという力は普遍的なものでもあります。木に囲まれるとなんだか癒されるという感情はみなさんお持ちなのではないでしょうか?

木を大事にし、木を工夫してさまざまな形に変えて暮らしに活かしてきた私たち日本人。その日本の風土や伝統に育まれた木工建具は私たちの生活になくてはならないものです。そんな木と、現代のライフスタイルに合う機能性を加えたKIORIシリーズは、きっとみなさんの暮らしをもっと豊かなものにしてくれるはずです。

 

 

kioriread1

機構部分の独自開発

 

障子をカーテンのようなスムーズな開閉を実現するために、機構部分を独自開発致しました。滑らかな動作と100%の開口率を実現。自在に動作する非常に機能的な建具です。

 

 

 

 

rail

より使いやすく

より使いやすく、安定的動作を保証するために、KIORIの上下にレールを設置。これまでの障子カーテンにあった、上部カーテンレールに引っ掛けるだけの不安定なものとは異なり、上下をレールで固定かつスムーズな機構の動作で、使う人にストレスを与えません。